専業主婦 お金が必要

専業主婦 お金が必要

  1. 専業主婦もカードローンができますよ
  2. 大手消費者金融で借りられない専業主婦
  3. 専業主婦も借りたいのに
  4. レディースローンなら専業主婦でも借りれるかな?
  5. 専業主婦はクレジットカードで借りれるか?

 

 

専業主婦もカードローンができますよ

専業主婦は、キャッシングができないと思っている方は多いです。
実はできます。それも自分名義のカードローンを持つことができます。

 

昔の話しをすると

長い間専業主婦をしている方で、クレジットカードのキャッシング枠が使えたという方はいます。そう言えば、途中でカードが送られてきて、キャッシング枠がゼロになった。そうです。昔は、クレジットカードのキャッシング枠も大手消費者金融キャッシングもできました。

 

ところが、貸金業法の改正によって、収入がない方が審査対象から外されました。よって、専業主婦を含む収入がない方の貸金業法内での、キャッシングができなくなったのです。

 

 

なのに、専業主婦がカードローンを持てるとは?

消費者金融ではなく、銀行カードローンのことです。
今でも楽天銀行カードローンやイオン銀行カードローンは、専業主婦でOKです。

 

ただし、みずほ銀行カードローンは配偶者の収入証明書が必要だったり、同意書がなくてはならないです。専業主婦が借りれる銀行カードローンも少ないですが、まだまだ専業主婦で借りれる金融機関はあります。

 

中小消費者金融も負けていない

ところで、中小消費者金融の配偶者貸付制度はご存知でしょうか?
みずほ銀行カードローンの配偶者の同意書と同等のものですが、消費者金融で貸金業法内の中小消費者金融で、ここでは配偶者貸付制度があり、配偶者に収入があれば、専業主婦も借入ができます。借入額は50万円程度ですが、一応自分名義でのキャッシングです。

 

ただし、中小消費者金融ではカードローンがありません。
単に、専業主婦もフリーローンの申込ができますよ、ということです。

 

専業主婦もお金を自由に使いたい

専用カードローンは、銀行カードローンのみです。ということでいうと、ブラックリストは借りられない。審査は厳しい、返済トラブルは厳禁です。

 

しかし、数万円のキャッシングで完済ができる。ブラックリストではないのなら、今すぐ申込ができます。ネット銀行カードローンなら、ネットですべて解決。借入も返済もでき、とても便利です。

 

カードローンではなく、銀行に振込の形で借入ができるのですが、なんと即日融資だけではなく、ダイレクトに振込がされます。返済もラクラクで、繰り上げ返済もできます。

 

そして、銀行カードローンは大手消費者金融よりも低金利、キャンペーンなどで低金利のときもあります。ぜひ、検討してください。専業主婦がカードローンを持つなら今でしょ!法律の改正前がグットタイミングじゃないかな?

 

 

 

大手消費者金融で借りられない専業主婦

カードローンの申込の際に、専業主婦は対象外になっています。
その理由は、収入が大きな壁になります。専業主婦もお金を借りたいときはありますが…。

 

大手消費者金融の場合は絶望

主婦がNGではないです。ローン対象外になってしまうのは、収入がないからです。
主婦と専業主婦の違いは、そこです。

 

大手消費者金融では、年収3分の一の総量規制範囲内で借入ができます。
年収3分の一?専業主婦は年収がゼロですから、必然的に限度額もゼロです。よって借入ができないのです。主婦は主婦でもパートやアルバイトなど働いている方は、大手消費者金融カードローンを持てます。

 

 

専業主婦も借りれる?総量規制の例外

総量規制には、例外があります。
配偶者貸付制度ですが、これは配偶者との合算を総量規制範囲にすることができるというものです。配偶者の年収によっては、2人で総量規制の計算ができますが、実際は最高50万円程度の範囲です。

 

それでも、借入が可能になるのですが、大手消費者金融では一切取扱をしていません。
消費者金融カードローンは、専業主婦が持てないカードだと考えて良いです。

 

専業主婦、銀行カードローンならOK

ちなみに、銀行カードローンでは専業主婦でも持てる場合がありますが、みずほ銀行カードローンのように、総量規制の配偶者貸付制度でしか借りれないケースもあります。
銀行カードローンは基本的に専業主婦でも借りれるとされていますが、確認は必要です。

 

 

専業主婦、嘘をつく

では、専業主婦が申込のときに勤務先を適当に書くと言うのはバレないのではないでしょう。身元調査をするのではないですから。本当にそんな事を考える方はいます。

 

現に、インターネットの中にはアリバイ会社もあるのですが、これは絶対にしない方が良いです。バレます。融資は少ないし、勤務先を書いて、そこに在籍確認だけでしょう?収入証明書がいらない少額融資なら大丈夫?それがバレるのです。

 

ここで言えるのは、専業主婦で働けない。しかし、大手消費者金融のために虚偽の申込をしてバレたとしたら、本当に必要なキャッシングができないこともあるのです。

 

専業主婦、どうしても大手消費者金融で借りたい

これはただ一つ。専業主婦を卒業することです。振る鍵
パートやアルバイトでも良いので、継続的な収入を得るのです。
派遣会社でも良いですから、とにかく専業主婦でなくなることです。
プロミスなどの大手消費者金融カードローンは、専業主婦では手にする事ができないのです。

 

 

 

専業主婦も借りたいのに

専業主婦でも、急な出費を避けられないです。
普段は使わないお金であっても、すぐにまとまった金額がないとマズい。
そんなときに、消費者金融カードローンがあると便利です。

 

しかし、専業主婦はネット銀行などの銀行カードローンなら持てます。
ただし、最高50万円程度ですが。

 

外に働きに出られない

専業主婦は働いていない、収入がないから借りたい時でも審査に通らない、消費者金融には申し込めないのです。では、専業主婦が在宅ワークを始めたとしたらどうでしょう?専業主婦が在宅ワーク。これはもう専業主婦ではなくなります。

 

個人事業主として、確定申告をしたらOKです。
個人事業主として、大手消費者金融の審査を受ける事ができます。

 

 

年収10万円でも借りれますか?

自前の収入がない専業主婦から、年収10万円の個人事業主。
しかし、この金額ではプロミスなどの大手消費者金融の審査は難しいです。
働いているし、収入あるしと言っても、審査基準の年収には当てはまらないです。
月収10万円なら良いのですが、100万円程度の年収は必要でしょう。
大手消費者金融の審査基準は、この程度です。

 

使えない、専業主婦のキャッシング

大手消費者金融の場合のみNGですが、銀行カードローンの審査に通るのなら、大丈夫です。専業主婦枠のあるカードローンなら、無理して働くことはないです。50万円程度なら、審査次第で借入ができます。この時の申込としては、国内在住、20歳以上であれば良いです。

 

ただし、信用情報で金融事故があれば、審査落ちは大いにあります。
審査に通る最初の専業主婦は大丈夫ですが、肝心の信用情報でブラック専業主婦の場合は、借入ができないです。

 

 

銀行カードローンの審査は厳しいよね?

確かに、厳しいでしょう。普通に借りるのも大変ですから。
どうしても借入をしたいときには、中小消費者金融の配偶者貸付制度の利用が妥当です。
このときに、配偶者の収入がポイントになりますが、それだけでなく、配偶者の信用情報もブラックリストなら借入ができないです。

 

それと、配偶者に内緒も厳禁です。
同意書が必要な配偶者貸付制度は、必ず夫婦で承知のキャッシングになります。
ちぇっ、内緒のキャッシングができないのかという方も多いでしょうね。

 

新生銀行カードローンレイクはどう?

なぜここか?というと、銀行カードローンと消費者金融をあわせた、独自のキャッシングができるからです。ところが、ここのカードローンは大手消費者金融の特徴があるだけてに、専業主婦はNGです。銀行カードローンっぽいですが、実は消費者金融カードローンであるということに。

 

 

 

レディースローンなら専業主婦でも借りれるかな?

レディースローンとは、消費者金融などで展開している女性のための、女性のスタッフ対応のキャッシングの事を言います。一部の大手消費者金融や、中小消費者金融などで出している商品です。

 

レディースローンは女性客をターゲットにしている

専業主婦が借りれるのは、配偶者貸付制度がある中小消費者金融のみです。
よって、レディースローンだとしても、配偶者貸付制度の申込になります。
大手消費者金融では、専業主婦そのものが対象外です。
キャッシング会社として、収入がないことでNGです。

 

 

レディースローンは使いやすい

女性が必ず応対するレディースローンは、特に中小消費者金融での利用がおすすめです。
専業主婦も大丈夫です。すべて女性スタッフが話もしてくれるので、安心です。
お金を借りる時に相手が同性が良い方は、ぜひ検討してみてください。

 

風俗嬢なども、このレディースローンが好評です。どんな仕事をしていますか?という時にもすっと言えるわけで、お金が必要な事情も説明しやすいです。

 

中小消費者金融のレディースローン

専業主婦が配偶者貸付制度の利用のときには、いろいろと聞かれます。
もともと中小消費者金融では、金融事故者が利用することが多いです。
審査の過程で、込み入った事情を聞くことがあります。

 

専業主婦が配偶者貸付制度を使いたい時にも、聞かれることは多いです。その時には、欲しいものがある、お金が必要と言っても良いのですが、必ず返済ができる金額を希望しましょう。

 

専業主婦だけど、ブランド品がほしいからと言うのはNGです。配偶者の給与の関係もありますが、自分が借りれるとしても少額ですので、ここは注意が必要です。配偶者の在籍確認などはないのですが、個人信用情報の確認はあり、自分が知らないうちに、配偶者が貸付をしていたなんていう事実が判明することがあります。

 

それにしても、この配偶者貸付制度は、同意書や婚姻証明などが必要です。
配偶者に話してキャッシングしても良いという同意がなくてはならないなどの面倒な事が多いですが、配偶者に何に使う?と聞かれたらどうします?ここが専業主婦の辛いところです。できれば自由になるお金で、配偶者に気兼ねなく使いたいところです。

 

銀行カードローンの審査に普通に通れば問題ないのですが、専業主婦としては辛いところです。配偶者貸付制度は、専業主婦でも借りれるのですが、なかなかと困難な事がありそうです。大手消費者金融のレディースローンのために、パートなどで働く?

 

 

 

専業主婦はクレジットカードで借りれるか?

専業主婦がカードローンの審査に通らないのなら、クレジットカードのキャッシング枠はどう?ショッピング枠は普通に審査に通ると聞いたけれど。

 

カードローンとクレジットカードのキャッシング枠

大手消費者金融カードローンといえば、プロミスなどです。
各カードローンには、ショッピング枠とキャッシング枠が別々につけられます。
専業主婦が申し込むと、カードローンは審査落ちですが、クレジットカードのショッピング枠は最低金額が付きます。この時に、配偶者の同意があれば、ショッピング枠が上り場合によってはキャッシング枠も付きます。

 

この仕組みは消費者金融でいう、配偶者貸付制度のようなものです。
配偶者の同意が必要ですが、配偶者とともに使う総量規制範囲内であり、専業主婦が自分の限度額にするには、範囲が少なくなることがあります。また、専業主婦、配偶者ともに金融事故者であれば、クレジットカードそのものが作れないこともあります。
信用情報で金融事故があれば各種ローンは審査落ちです。

 

 

クレジットカードのキャッシング枠とは?

このキャッシング枠の範囲は消費者金融と同じ総量規制範囲内です。ですから、配偶者もカードローンやクレジットカードでキャッシングしている場合は専業主婦の取り分は少なくなってしまうのです。

 

貸金業法の改正により、クレジットカードの使い方は限定的になっています。
ショッピング枠は、無関係です。

 

違法?

クレジットカードのショッピング枠の利用で現金化の方法もあります。
結局、専業主婦はショッピング枠しかゲットできない場合があります。

 

配偶者がブラックリストなら、キャッシングは銀行カードローンだけ。
その審査に通らないのなら、ショッピング枠を現金にするのもありです。
アマゾンギフトカードなどでの現金化もありますが、クレジットカードを利用した時には、完済ができなければならないです。ただ、この方法は専業主婦が必要なお金を作る最終手段と考えて良いでしょう。

 

この方法では、貸付ではありません。
現金化は一回の取引で完了して、クレジットカードの返済が残ります。
お金が必要、クレジットカードでお金を購入した感覚ですが、正式には違反行為です。
正規現金化業者でなければ、大残したり詐欺に遭うこともあります。
ここは注意が必要です。

 

クレジットカードのキャッシングができないことから、少し危ない橋ですが、数万円程度で完済出来る方にはやってみても良いかも?返せない時には、絶対に手を出さないことです。