お金が急に必要になった そのときどうする?

お金が急に必要になった!そのときどうする?

日々の生活の中でお金が急に必要になるということは多いでしょう。手持ちにたくさんのお金を持っていたら大抵のことは大丈夫なのですが、そんなに財布の中にお金を入れておくということも少なくなってきました。それは、世の中で、クレジットカードやプリペイドカード、さらにおサイフケータイ、スマホなど様々なものがお金の代用品となってくれるからです。

 

それでも、お金がないと対応できないということはたくさんあります。急な結婚式ということはないのですが、身内の不幸というのは予期せぬ時に突然起こるものです。身内だけでは件数は少ないかもしれませんが、町内や社内の縁故親戚などの不幸というのは日常的に起こりうることです。近しい関係でしたら、それなりのお香典を包まなければいけません。お通夜から告別式は突然やってくるものです。

 

突然やってくるものに常に万全の態勢をとっているという人もいると思いますが、たいていの人は急な出費に頭を悩ませることでしょう。中には、急な出費ではなくてもなかなか準備できないこともあります。それがカードローンの支払い日だったら、滞納してしまうという人もいるのではないでしょうか。

 

そんな急遽お金が必要というときの解決方法は、お金を用立てすることです。手持ちにお金がない場合それで済めばいいのですが、たいていの場合はそれで済むことはありませんからね。

 

カードローンを利用する

お金が無ければカードローンというのは短絡的すぎるかもしれません。今では多くの人がクレジットカードを持っている時代ですから、急な出費があって持ち合わせがないときはクレジットカードのキャッシングという人も多いことでしょう。

 

その前に、いまでは24時間銀行のキャッシュカードが使えるから…そういった人はそれが一番良い方法です。しかし、世の中のほとんどの人が銀行口座にふんだんにお金を預けているわけではないのです。むしろ、そちらのほうが少数派ではないのかというくらい、カードローンやクレジットカードの利用で債務超過になっている人が少なくないのです。

 

どうしてそれほど資金がないのかということになるのですが、これは会社勤めの人にも自営業の人にも言えるのですが、収入以上にお金を使ってしまうということです。中には、不相応にお金を使っている人もいることでしょう。それは、クレジットカード社会の弊害とも言えるのですが、お金が無くてもなんとかなってしまう社会に対する警鐘と思ってもいいのです。

 

現代のシニア世代、いわゆる団塊の世代まで、さらにはその子供くらいまでは借金は悪という教育を受けてきました。しかし、現在の若い現役世代はクレジットカードをふんだんに使っても、それが借金という認識が希薄なのです。もっとも、それが会社員だからこそクレジットカードを使えるということを理解していないのです。実際に、会社を辞めて無職になったときにクレジットカードの大切さを骨身に染みてわかるのです。

 

そして、お金がないときにどうするのかというと、クレジットカードのキャッシングです。しかし、ここで賢い人はカードローンを利用するのです。クレジットカードと比較して、カードローンはより借金というイメージが強いものです。消費者金融会社といえばサラ金会社ですから、昔ながらの厳しい取り立てを思い出す人も少なくないことでしょう。それでもカードローンにも良いところはあるのです。

 

もっとも、カードローンの仕組みはクレジットカードのキャッシング機能と同様と考えていいでしょう。どちらも審査にパスしないと利用できない点も同様です。それでは、汎用性のあるクレジットカードのほうがいいのではという意見が大多数でしょう。しかし、クレジットカードにない良さがカードローンにはあるのです。

 

これは、大手消費者金融会社のサイトなどにもよく書かれていることですが、借入れから30日以内は無利息というものです。たとえば5万円借りたとしたら、30日以内でしたら利息がつかないので5万円ちょうどを返済したらいいということになるのです。

 

クレジットカードのキャッシングではそういうことはありません。返済日までしっかり金利手数料がかかってしまうのです。ですから、危急の際の資金調達にはカードローンのほうが良いのは専門家の一致した意見でもあるのです。急にお金が必要になるということはよくあることです。そのために金融業者がいてくれるのです。

 

借金をしないのが理想ですが、それを言ってしまうと住宅ローンも悪になってしまうでしょう。経営者でしたら無借金経営が理想ですが、それは本当に理想でしかありません。現実は、借金まみれで月々の返済に窮している経営者が多いのです。そのために、銀行や消費者金融会社では融資の相談に応じてくれています。金融業もれっきとしたサービスですから、資金調達の相談には快く応じてくれるでしょう。

 

お金が必要となった場合は、使い勝手のよいカードローンのほうが良いです。クレジットカードはキャッシングではなくあくまでも買い物の支払いに使うものと考えたほうがいいでしょう。それでも、急な出費が必要なときにカードローンに頼るしかないのが悲しいですが、そういった人は現在は少なくないようです。カードローンのメリットやデメリットなどは、消費者金融会社のサイトでイラスト付きでわかりやすく紹介しているので、参考にしてみるのもいいでしょう。

関連ページ

即日OKは大丈夫か?
お金必要ですか?当記事では、即日融資OKが大丈夫かを解説しています。既にキャッシングをしている方でも、総量規制範囲内であれば、対応可能です。滞納や個人信用情報で審査に通らない場合は無理ですので、あきらめましょう。ぜひ、詳細をご覧ください。
給料日前だけの特典です
お金が必要ですか?当記事では、給料日前の特典を解説しています。それは、消費者金融で初めてキャッシングする際に30日間無利息というキャンペーンです。あくまでも、スピード返済が可能な方におすすめする情報です。ぜひ、詳細をご覧ください。
簡単審査で嘘をついたら?
お金必要ですか?当記事では、簡単審査で嘘をついた場合の解説をしています。嘘記入は絶対にバレますし、バレてしまうと虚偽申告となり審査落ちとなりますので、気をつけましょう。これは、信用情報が調べられるためです。ぜひ、詳細をご覧ください。
銀行カードローンもスピード融資が可能
お金が必要ですか?当記事では、銀行カードローンのスピード融資を解説しています。既に取引している銀行でのカードローンは、すぐに作れる可能性があります。総量規制対象外であり、信用情報の事故情報がない方限定となります。ぜひ、詳細をご覧ください。
即日OKの甘い罠
お金必要ですか?当記事では、即日OKの甘い罠を解説しています。信用情報機関を利用しない貸金業者では、国で定める利息制限法なども無関係です。ブラックOKの言葉があれば要注意です。金利返済が異常となるので、注意しましょう。ぜひ、詳細をご覧ください。
お金が必要だけど審査が心配
お金が必要ですか?当記事では、お金が必要で審査が心配な場合の解説をしています。申込者の属性に大きく左右される融資審査では、安定性を大きく問われます。できれば、正社員や高収入の状態で借入を希望しましょう。ぜひ、詳細をご覧ください。
ビジネスの世界ではお金が必要になることがたくさんあります
お金が必要ですか?当記事では、ビジネスの世界でのお金の必要性を解説しています。自営業者の手持ち資金の問題をクリアするためにも、ファクタリングやビジネスローンなど様々なものがあります。あるいは、カードローンやクレジットローンなどです。ぜひ、詳細をご覧ください。
お金が必要でも審査に通らなければ意味がない
お金が必要ですか?当記事では、審査に通らなければ意味がないことの解説をしています。会社毎の審査に通らなければお金を貸して貰えません。そのためにも、自身の属性を高めて信用情報に傷をつけないようにしなければならないのです。ぜひ、詳細をご覧ください。
お金が急に必要になった場合の最善策
お金が必要ですか?当記事では、急にお金が必要な場合の最善策を解説しています。まずは、銀行からの融資を受けましょう。カードローンのメリットで言えば、利用限度額の中でいくらでも入出金ができる金融商品ですから、役に立ってくれます。ぜひ、詳細をご覧ください。